読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仁生堂薬局のはてなぶろぐ

日々の健康管理のはてなに答える

インフルエンザ予防

仁生堂さんに聞きました、インフルエンザ予防編です!

昨年はじめてのインフルエンザを経験しましたが、それもやはり2月でした。
これを読んで、気を引き締めて乗り切りたいです!

インフルエンザは風邪と違い流行する時期があります。最近では、11月頃から始まり1月~2月頃がピークとされています。
風邪の原因が様々なウイルスに対して、インフルエンザはインフルエンザウイルスの感染が原因となります。インフルエンザに感染から発症するまでの潜伏期間は2日前後とされています。長いと1週間ほどの潜伏期間はありますがすぐに高熱や節々の痛みなどの症状がでます。
日々の予防では、手洗いやうがい、マスクの装着に加えて暴飲暴食をさけて睡眠をよくとり免疫力を低下させないことをお話します。さらにもう一つのポイントは水を飲むことです。人間の身体は、約70%が水分であり体内の不純物や代謝によって多くの水の入替えが必要となります。尿や便で1L以上の水が排出され呼吸や汗などでも1L排出されます。そうなると食事に含む水分もありますが、毎日1.5L~2Lの水を意識して摂る必要があります。意外と知られていないのが冬場に起きる脱水症状です。脱水と聞くと夏場の熱中症による脱水が多いですが、冬場もあなどれません。冷たい水は胃を冷やすので、なるべく常温の水がおすすめです。
また、身体が冷えている場合は白湯もおすすめです。トイレの直後や食後のタイミングを意識して水を飲みましょう。

やはり、こまめにお水を飲むのが良さそうですね!
私もさっそく実践しようと思います。